車いすマークの駐車場に見る日本人のココロ。

 

駐車場

「車いすマークの駐車場」に日本人とアメリカ人の考え方の違いを見ることができます。

 

2004年、出張でアメリカへ行った時のこと、アメリカでも障害者用の駐車場は日本と同じ「車いすのマーク」でした。

 

 

アメリカ人から見た【日本】の「車いすマークの駐車スペース」

駐車場アメリカ

どんなに混んでる駐車場でも車いすマークの駐車スペースが空いてたので、アメリカ人はモラル高いなぁと思い、アメリカ人に聞いてみたところ、アメリカ人がこんな風に言ってました。

「アメリカは許可証のない人が車いすマークの駐車場に止めると【罰金】なんですよ。日本は【モラル】だけでルールが守られるんですか、素晴らしい国ですね!」

日本人はいわゆる「恥の文化」。罰金ではなく【モラル】を信じたルールになっています。

 

その当時の日本でも、車いすマークの駐車スペースに明らかに健康そうな人が車を止めている場面を見ました。でも最近は多いように思います。

 

 

 

最近の残念な【日本】の状況

車椅子マーク

国土交通省のサイトにもこんな風に書いてます。

多くの人が利用する駐車場の障害者等用駐車スペースに障害のない人が駐車して いるために、障害のある人が駐車できない問題が発生しています。

 

混み合ってるデパートやレストランの「車いすマークの駐車場」に止まった車から、どう見ても健康そうな人が出てくるところを見ることがあります。

実ばその「健康そうな人」が、仮に「車いすは不要だけど障害者の認定を受けている」、というような人でしたら、車いすの出し入れするほどの大きなスペースは必要ないわけですから遠慮してもらいところです。

 

 

子供へはこんな風に言い聞かせます

 

さて、小さな子供が聞いてきます

 

ブラックパパの場合

子供「パパ、あのマーク何?」

パパ「車いすのマークだね」

子供「なぜ車いすのマークが書いてあるの?」

パパ「車いすを車から出すにはドアを大きく開けないといけないんだ。だから、広いスペースを取ってあるんだよ。車いすに乗る人のためのスペースだね」

子供「あの人、車いす使ってないね」

パパ「そうだね、歩ける人は、そこに止めちゃダメだよね。ルールは守らないとね」

子供「なんであの人、あそこに止めるのかな?」

パパ「もうすぐ車いすに乗ることになるから、練習してるんだよ。かわいそうにねー(ブラック)」

 

日本もいよいよ【罰金刑】が必要?

 

ラブ日本パパの場合

ラブ日本パパならこんな風に言います、

 

子供「なんであの人、あそこに止めるのかな?」

パパ「ルールを守れなかったり、人の気持ちを考えない人だから、きっと日本人じゃないんだろうね。外国の人なんだろうねー(ラブ日本)」

 

日本の心、大事にしたいです。