デキる海外旅行者は部屋呑みがサイコー。使い捨て紙皿、紙コップ、ナイフ&フォーク。

個人手配

海外旅行。レストランばかりじゃお金もかかるし時間もかかります。地元のスーパーでお惣菜買って部屋で食べるのも楽しいですよ。酒飲みの方、部屋呑みの方が断然安いしいろんな種類を楽しめます。現地スーパーで現地の生活を覗いてみるのはいかがですか?

部屋で楽しめる食事

1)早朝から出かける時の朝食

朝食会場まで行って、注文したりビュッフェで選んだりゆっくりコーヒー飲んだりしてるとすぐ1時間ほど経ってしまいます。

早朝から出かけるなら部屋で食べて時間を有効に使いましょう。前日にパンやフルーツ、サラダ、飲み物を買っておくといいでしょう。アメリカならコーンフレークもいいですね。

でも香港旅行なら朝食は外のお店で飲茶して下さい。美味しいですよ。

2)お持ち帰りスイーツ

街で見かけたお持ち帰りスイーツ。夜食やおやつにいかがですか?気になったスイーツは持ち帰ってお部屋でどうぞ。コーヒーも買っておきましょう。

モッタイナイと叱られるかもしれませんが、食べきれなかったら捨てましょう。せっかくの海外旅行です。もう二度と来ないかも。いろいろ味見。楽しみましょう。

気に入ったもので日本へ持ち帰れるなら、お土産に買って帰りましょう。ご自宅用も忘れずに。

3)人目を気にせずリラックスして夕食

レストランの夕食はもちろん楽しいですね。でも3日目あたりは疲れてくることも。そんな時は部屋で食事がリラックスできます。人目を気にせず食べて飲みましょう。コンビニ、スーパーマーケット、屋台、ホテルの売店などなど。

4)地ビール飲み比べ

レストランやパブだとビール1杯1,000円超ってこともあります。スーパーマーケットを覗いてみましょう。ロサンゼルスのスーパーマーケットだとビール1本200円ぐらいでした。地ビールがたくさん置いてあるトレーダージョーズ、オススメです。いろいろ買って飲み比べ、楽しいですよ。10本ほど買って帰るとウキウキですよ。大人買い。

5)混んでるレストランで持ち帰り

混んでるレストラン、席に座れず順番待ち。そんな時は持ち帰りをお願いしてみましょう。「Can I order to go ?」ステーキだって持ち帰れます。

6)地元の味をお試し

スーパーマーケット、コンビニなど、地元の人が集うお店で地元の味をゲットしましょう。スーパーのお惣菜やサラダ、レンジでチンのインスタント食品など。ロサンゼルスはインスタント食品が多くピザやステーキなど美味しいですよ。香港は香港オリジナルの出前一丁ラーメン、ケアンズはフルーツが美味しいです。ラーメン部屋食の場合はミネラルウォーターも購入しましょう。


海外旅行の部屋食で役に立ったもの

日本から持って行きましょう。現地で手に入らないかもしれません。

1)紙皿、ナイフ、フォーク、割りばし

全て使い捨て。

ステーキの持ち帰りならナイフ必須です。ステーキ丸かじりは避けたいですね。家族旅行でシェアするなら紙皿も要ります。

2)紙コップ

1.5リットルサイズのミネラルウォーターなど買ったら、コップが必要です。家族4人で泊まってもグラスが2つしかないとか、子供の歯磨き用のコップに使いたいとか、ガラスだと子供が割りそうとか。紙コップあると便利です。

部屋に備え付けのグラス、なんとなく抵抗ある人も紙コップ持って行きましょう。

3)栓抜き、コルク抜き

部屋呑みするならこれを忘れてはいけません!!

もし栓抜きを持って行くのを忘れたら、おみやげ屋さんでも手に入ります。キーホルダーとして売ってることが多いので、覚えて置いて下さい。

4)ゴミ袋

部屋で食事すると結構なゴミが出ます。匂いも出るので、ビニール袋を持っておきましょう。

ホテル選びは電子レンジ付きがオススメ

地元のスーパーマーケットでは美味しそうなインスタント食品に出会うことがあります。特にアメリカだとレンジでチンが多いので、電子レンジ付きのホテルがオススメです。ファミリールームだとコンロやシンクのある部屋もありますので要チェック。
そんなファミリールームでも食器やナイフフォーク、栓抜きなどは備え付けられてないので、必ず持って行きましょう。


まとめ

・部屋での食事もメリット多し。

・紙皿、ナイフ、フォーク、割りばし、紙コップ。

・栓抜き、コルク抜き

・ゴミ袋

・電子レンジ付きホテルがオススメ
海外旅行楽しみましょう


PAGE TOP