ナイトサファリの日本語トラムは現地予約がお得。秘密の入口で待ち時間なし。

ナイトサファリには秘密の入り口がある!

そうなんですよ、あるんですよ、秘密の入り口が。

 

エントランスはすごい人の列。
中に入るのに何分かかるんだ?ショーやトラムは何分待ち?!

きっとあの行列を見るとうんざりします。みなさん並んでるんですよ、西洋人もアジア人も。

ナイトサファリ 長蛇の列

 

さて、下のマップを見てください。2016年11月時点の公式マップです。

こちらからダウンロードできます。 ポケモンGOバージョンもありますよ。

シンガポール ナイトサファリ マップ

 

次に拡大図です。
(マップをクリックすると大きく表示されます。)

くれぐれも、2014年12月29日の実際に体験した情報です。すでになくなっているかもしれませんので、必ず現地で確認してください。

ナイトサファリ 秘密の入口

 

日本語トラムの予約と秘密の入り口への行き方

チケット売場がありますが、そこでは買いません。
日本語トラムは予約できますか?と聞いたら、隣のレセプションへ行けと言われました。

「Can I book Japanese Tram?」

”book”は「本」でなく「予約する」という動詞です。

この話を知っているので、いきなりレセプションで聞いてみるのもいいでしょう。

 

②レセプションには日本語を話す人がいました。日本語トラムの予約とチケットの購入をしたいと伝えます。20分置きぐらいで予約ができます。下の写真はレセプションで予約しているところです。

レセプションで日本語トラムを予約する

 

③チケットを購入すると、「レストラン奥の専用入口へ行ってください。」と言われます。

言われなければ、「専用入口があると聞いたのですが・・・」と聞いてみてください。もし日本語がダメなら、「Can I use Special Entrance?」。

 

 

④まだ入場時間でなければ、一度下見に行ってみてください。

万一、秘密の入口が使えずに長蛇の列の最後尾に並び直すなんてことになると大変です。
私も下見しました。

すると門番がいました。

私:「Can I use this ticket? Can I go through?」チケット使えますか?通ってもいいですか?

門番:「入園時間(の30分前だったような気がします)に戻ってきてください。通れますよ。」

 

 

⑤時間になったら長蛇の列を横目に見つつ、ニヤニヤしながらレストランを越え、秘密の入口へいきましょう!

 

「ようこそナイトサファリへ!!!」

やった!やりました!
この秘密の通路のおかげで、1時間以上は得したでしょうね。

 

 

 

 

ぼやぼやしててはいけません!ささっと先へ進みましょう。

さらに先のゲートで止められます。このゲートの先に「クリーチャー オブ ザ ナイトショー」の会場があります。ここで20分ほど待機。

その間、一般入場者がどんどんやってきます。見る見る人で溢れてきます。抜かされないように先頭を守ってくださいね。

 

⑦ゲートオープンしたら速やかに会場へ!いい席を確保しましょう!前の方じゃないと、ちっこいカワウソはよく見えませんよ!大きい蛇もよく見えますよ!

ナイトショーで大蛇

最新情報


 

2017/9/3の情報です

公式サイトでは

公式サイト引用
”Japanese and Mandarin commentary tram seatings are available for booking at $10 per guest at Night Safari ticketing counters. Guests with Night Safari admission tickets can also proceed to the Night Safari reception counter to make bookings.
 
訳:日本語と北京語での解説トラム座席はナイトサファリ発券カウンターでゲスト1名につき$ 10でご予約いただけます。ナイトサファリの入場券をお持ちのお客様は、ナイトサファリのレセプションカウンターで予約を行うこともできます。”

と書いてありますね。
「秘密の入り口」や「優先入場」などの記載は見つけられませんでした。
ですが、追加の10ドルってことは・・・やはり秘密の入り口があるんじゃないですか?!
実際に挑戦された方、よろしければコメントお願いします。
 
 

2017年5月6日で日本語トラムが廃止されたとの記事がJTB現地オプショナルツアーの予約サイトに記載されていますが・・・

JTBサイト引用
”5月6日以降、ナイトサファリでの「日本語トラム」の運行が廃止され、「エクスプレストラム」(マルチ言語イヤフォン解説対応)となりました。”

と書いてあります。
公式サイトでは「エクスプレストラム」の記載は見つけられませんでした。
公式サイトには上記の通り「Japanese and Mandarin commentary tram(日本語と北京語の解説トラム)うんぬん・・・」の記載がありますので、2017年9月3日現在は再び「日本語トラム」が復活しているのかも。
そして秘密の入り口も運用されているのかも!!!
期待大ですよね。
 
 

ちなみに、2016年末にサンフランシスコへ旅行の際、アルカトラズ島ツアーを現地で申し込みしようとしたら「soldout」でした。

現地で購入を検討されている方、soldoutやチケット売り場の混雑など、現地に行かないとわからないこともありますので、十分ご理解の上、お試しください。
わが家は子どもの体調を考えると計画変更の可能性があったので、現地購入を選択しました。
 
 

まとめ

最高に楽しむために情報をたくさん集めましょう。

秘密の入口なんてのがあるように、お得な情報はたくさんありそうです。

楽しいシンガポール旅行を!

 

 

 
 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です