ケアンズのレストランの習慣。前菜を先に持ってきてもらいたい時は?

IMG_4035

旅慣れてないとレストランのメニューを見るのも大変ですよね。私もその一人。なぜか海外のレストランメニューには写真のないことが多いと思います。なんで写真つけてないんだよっ!て言いたくなります。

ケアンズのレストランの習慣

どうやらケアンズでは、グループ全員の食事を一度にテーブルに運ぶのが基本のようです。なので、みんな一緒に「いただきます」ができます。

「お先にどうぞ」とか「私のまだかな」なんて心配がなくて、良いシステムですよね。

そしてたまに「前菜は先にお持ちしましょうか?」って聞かれます。やっぱりケアンズでは「全部出し」が基本なんでしょうね。ところで、前菜。英語でわかりますか?

前菜=腹ペコメニュー

APPETIZER(アペタイザー)

って言います。

オードブルっていう言い方はアジア圏やケアンズでは、私は聞いたことがありません。このAPPETIZER、「appetite(アペタイト)」=「食欲」から来ているのでしょうね。

つまり『腹ペコメニュー』!!

昔、Guns ‘n Rosesのアルバムに、アペタイト・フォー・デストラクションってのがありました。破壊欲ってとこですか?

table-791167_640

ではでは前菜を頼みましょう

お腹空き空きだったら、メニューの「APPETIZER(アペタイザー)」から、ひとつふたつ選びましょう。

アペタイザー ファースト プリーズ!

APPETIZER first 、please!

ビールも忘れずに!