チンギスハンは源義経だという噂は、現地モンゴルでも有名な件

mongoria01

モンゴルに行きました。

とても親日な国です。日本語が話せる方も多いようです。相撲の力士で有名ですよね。当時、朝青龍さんは現地でも(?)悪評でした・・・。

食事の席で、なんとモンゴルの方から源義経の話題をふってこられました!

 

モンゴルから見た歴史観

食事中、話は弾んで歴史の話に。

mongolia-1110506_640

モンゴルの方(と言っても50代の方お一人ですが)の歴史観は

1)西暦1,200年代、モンゴル帝国がユーラシア大陸をほぼ支配していた。

2)チンギスハン(チンギス・ハーン、チンギス・カン)は英雄

3)モンゴルの使者が中国人通訳(当時は中国もモンゴルの支配下)を同行して日本を訪れた時、その中国人通訳が「モンゴルは日本を侵略する」と嘘(下手な?)の通訳をしたことで戦争となった。

4)「モンゴル帝国が日本侵攻の時、嵐が来てモンゴルの船が沈んだ」と日本では言われているのを多くのモンゴルの人も知っている。

5)実は「日本軍が相当強く、歯が立たなかった」というのがモンゴル側の歴史観。

 
 
真偽のほどはわかりません。私は「日本からのお客様」なのでリップサービスも入ってるのでしょう。

しかしユーラシア大陸全土を支配するほどのモンゴル帝国が小さな日本に負けたというのは、モンゴルの歴史の中での大きな出来事の一つとなっているようです。

ここまでは、「あぁ、そうなんですかぁ、へぇ〜」と聞いていたのですが、ここで衝撃の話を聞いて盛り上がりました!

 

チンギスハンは源義経!


続き。

1)モンゴルも日本も植民地化されていない。お互い強い国。

2)実はチンギスハンは源義経だという噂はモンゴルでも有名。

3)キリストの墓も日本にあるらしい(?)

4)日本は神秘の国

jingisukan00e40

キリストの話はひとまず置いておきますが・・・。

モンゴルでもこの「源義経=チンギスハン説」は結構有名とのこと。自国のヒーローをよその国の人物で置き換えるということは普通しないですよね。

噂であっても、こういう話をしていただけるというのはとても嬉しいです。日本はモンゴルの方に好かれているんだなぁと感じました。

 

またその方、義経と弁慶が戦って、どうのこうの・・・と結構お詳しくて。

噂自体も驚きですが、源義経」とか「弁慶」とかご存じというのが驚きですよね。こんな話題が出るっていうのも、本当に親日国なんだなぁと改めて感じました。

 

噂だけでなく、二人の関係はどうだったのでしょう?
 

 

源義経とチンギスハン(チンギスカン)との関係は?

ちなみに、義経は1158年生まれ。1189年、31歳、岩手県で自害したとされています。

一方チンギスハン(チンギスカン)は1162年生まれ。1227年死去。
モンゴル帝国初代皇帝の在位期間は1206年から1227年。
 
もし義経がチンギスハンだとしたら、31歳で難を逃れてモンゴルへ渡り、兵を挙げ国を築き、48歳から69歳皇帝を務めた・・・。
 
ありそうな話ですよね。噂があっても不思議ではないですね。
 
しかもモンゴルの方は本当に日本人と顔立ちがよく似ています。そんなことも関係しているのかもしれないなと、マイナス40℃、息を吸うたびに鼻毛が凍る現地モンゴル・ウランバートルで思いました。
 

 

モンゴル雑感


レストランには大きな旧モンゴル帝国の世界地図とかチンギスハンの肖像画など飾られてました。

草原(と言っても冬だったので荒野でしたが)の中に巨大なチンギスハン博物館も立てられていました。上のシルバーの騎馬兵(チンギスハン)の像の下が博物館です。この像、ものすごく大きいんですよ!

モンゴル帝国として一時代を築いたことのプライドも大きいのでしょうね。

mongolia-1105063_640

最近は韓国企業の進出が多いとのこと。お決まりのパターンは「ショッピングモール(デパート&レストラン)+風俗」なんだとか。仕事が増え景気が良くなるのはいいが、治安が悪くなるのが心配とおっしゃってました。

mongoria01876_640
 
モンゴルといえばカシミアセーターが世界中で有名ですよね。

また内モンゴル産天然重曹は上質の入浴剤として人気だそうです。
つるつるすべすべ美肌の湯♪シルクのような滑らかなお湯になるそうですよ。

エプソムソルトとブレンドしたものもあるそうで、さらにお肌ツルツルとか。
そういえばモンゴルの方って、極寒の冬でも肌ツヤツヤな方多かったような?
 

まとめ

海外旅行で歴史の話はしないかもしれませんが、外から見る日本というのも新鮮で面白いですよ。自分たちの思っている日本とは違うのかもしれません。

海外旅行楽しみましょう!

(諸説あり。対話した方のご意見です。2012年1月訪問)