lyft(リフト)の使い方【旅行者必見】。ロサンゼルス旅行で8回も乗ったので詳しく紹介

配車をリクエストしよう

車種、価格(目安)、ピックアップポイント、目的地 を確認して、okなら『Request Plus』をタップして確定です。

Lyftアプリで配車する

するとここで、電話がかかってくることがあります!!!!(8回利用して2回電話が鳴った)

ビビらなくて大丈夫!

 

 

電話で聞いてくるのは、

1)ロサンゼルス空港の場合、

①2階(upper level)にいるか?

→YES!YES!

②近くのピックアップサイン(看板)は何か?(【C】とか【D】とか)

→It’s 【C】!!

③よくわからなかったら、

「Sorry, I can’t speak English very well(あまり英語うまくありません)」

「speak slowly , please!」攻撃だ!

合わせて

「I’m at upper level」とか「I’m near the sign 【c】」と言おう。

詳しくは、こちらでどうぞ↓。

 

2)街中の場合

①どのあたりにいるのか、目印になるものはあるのか

→I’m in front of ほにゃらら

(ほにゃららの前にいます。と答えられるように目印を確認しておこう)

 

迎えの車を探せ!!

画面には迎えに来る車の

・車種と写真

・プレートナンバー

・ドライバーの名前と写真

・評価

が表示されています。

迎えの車の位置はリアルタイムで表示されており、近づいてきているのがわかります。上記情報と同じ車を探しましょう。下の画面ではブルーのプリウスが来るようです。

Lyft アプリで迎えの車を探す

指定した場所に車が到着したら、ドライバーがショートメールで「Your Lyft driver,名前, is here! Look for the 色 車名」とメッセージを発信します。

道路の広いアメリカなので、このショートメールを受信する『前』にきっと見つけられると思います。

ドライバーからも自分たちを探してもらえるように、設定画面で自分の写真を登録しておきましょう。