海外旅行の保険はクレジットカード付帯の保険があればいいんですか?

オススメのクレジットカードの組み合わせ

クレジットカード付帯か保険会社か
 
海外旅行に行く場合、複数のブランドのクレジットカードを持っていないと、特定のブランドのクレジットカードしか扱っていない店があったり、利用限度額に達して使えなくなる場合があります。
 
海外で資金ショートは命に関わります。必ず複数のブランドのクレジットカードを持ておきましょう。
 
 
ここでは海外旅行へ持っていくべきオススメのクレジットカードの組み合わせを紹介します。
これまでの保険の観点から、きっと最強です。
 
 

1)アメリカンエキスプレスカード(ゴールド)・・・旅行代金の支払いをする。高額保険金が家族にも適用。

2)楽天ブラックカード【ブランドはmaster】・・・自動付帯。高額保険金が家族にも適用。

3)その他もう1枚【ブランドはVISA】・・・念のため

 
アメリカンエキスプレスカード(ゴールド)で旅行代金の支払をして、楽天ブラックカードを持参しておけば、どちらも保険金額の満額が適用されます。この2枚で保険金額は合計、
 

 ・傷害死亡と後遺障害  
    →本人2億円  、家族2,000万円
 ・傷害治療と疾病治療  
    →本人600万円 、家族300万円
 
 
とけっこう手厚い補償になりますので、わが家ではこれで納得しています。
 
 

楽天ブラックカードはインビテーションカードなので、手に入れるのは難しいですが、楽天カード(できればプレミアム)を楽天市場や公共料金支払いなどで長年使うことで招待されます。
 
あと、年に1、2回程度、家族旅行のときなどに支払限度額を一時的に上げてました。こういう行為もブラックカードに招待されるポイントになるのかもしれません。
 
 
私は楽天カードで支払えるものは全て楽天カードで支払って、4年ほど使ったところで実際に招待され入会しました。
 
海外旅行保険の観点からとてもオススメです。
 

クレジットカード付帯の保険と保険会社の保険とどちらが良いか


 
繰り返しになりますが、
わが家の場合、アメリカンエキスプレスカード(ゴールド)と楽天ブラックカードの合わせ技で、補償内容は納得しています。
 
 
アメリカンエキスプレスカード(ゴールド)も楽天ブラックカードも年会費が3万円かかりますが、毎年の海外旅行で保険会社の保険代が不要となりますし、ゴールドカード特典が受けられたり、楽天市場での購入ポイントがアップしたりしますので、それらで年会費は相殺されていると思ってます。

これまでの渡航先は、シンガポール、香港、ケアンズ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ローマ、フィレンツェです。どれもクレジットカード付帯の保険のみです。

また特に怪我や病気もなく、保険適用されるトラブルもないので、保険のお世話にはなっていません。

わが家には持病を持っている者もいないですし、危険なアクティビティや危険な地域へ行くこともありませんので、しばらくはクレジットカード付帯の海外旅行保険のみの予定です。
 
 
しかし、体調不安や持病のある方や、やんちゃなアクティビティに挑戦される方や、ちょっと危険な地域へ旅する方や、長期間旅行される方など、高額な補償が必要な方は保険会社の保険の方が合っている場合もあります。
 
 

保険会社の宣伝に惑わされずに、健康状態や行き先や旅行の目的や期間などをよく考えて、冷静な判断をしましょうね。
 
(宣伝は事実なのでしょうが最悪事例ばかりを見ていると、必要以上に不安になりますよね。)
 

まとめ

クレジットカード付帯の海外旅行保険を検討するときは次の点を検討しましょう。
 
1)自動付帯か利用付帯か
2)家族への適用可否
3)保険金額はいくらか
4)現地サポート内容は充実しているか
5)飛行機の遅延やロストバゲッジ対応はあるか
 
 
 
クレジットカード付帯がいいのか、保険会社の保険がいいのかは、健康状態や行き先や目的や期間などから冷静に判断しましょう。
 
 
オススメは、、、
特にサポートの点から、アメリカンエキスプレスカード(ゴールド)を持っておくととても安心です。

 

最新情報は各クレジットカード会社のウェブサイト等でご確認ください。
 
海外旅行楽しみましょう!!!