シンガポール旅行の服装。写真で解説。パパママ子供。

チャンギ国際空港から関西国際空港への服装

1月1日。

楽しかったシンガポール。いよいよ帰国です。 元旦なので空いてます。空港内のお店は開店しています。半袖&長ズボンです。重ね着できるようにトレーナーを持ってます。ホテル→タクシー→空港なので、長ズボンで大丈夫です。重ね着できる服装で、冬の日本へ向けて調整していきましょう

チャンギ国際空港 正月

 

 

 

行きと同様に、小型のキャリーバック重ね着やウルトラライトダウンや手袋マフラーなど忍ばせています。機内持ち込みします。

チャンギ国際空港 シンガポール

 

 

 

楽しかったシンガポール。お疲れ様でした。

 

 

まとめ

・飛行機の移動では、機内持ち込みできるキャリーバッグに防寒着を入れておきましょう

・機内は重ね着で調整しましょう。

・シンガポールは暑い。ジメジメしてます。日本の夏と一緒でした。

・雨季なのでスコールあります。雨宿りすれば傘不要

・曇り空でした。

・基本は真夏の服装です。半袖半ズボン

・朝晩の冷え込みとエアコン対策に羽織るもの必須

・太っちょな方は股擦れ注意

・デオドラントや汗脇パッドなど必要な方は忘れずに。

・汗拭きシートなどあると便利ですよ。

・帽子や日焼け止めクリームも忘れずに。

 

 

シンガポールで暑い年末年始を楽しみましょう!